絵画買取のギャラリーホープ

 

児玉幸雄

こだま ゆきお

 

1916年  

大阪府大阪市に生まれる。
中学1年の時から絵を描いていたが、関西学院大学経済学部に進学。

1936年

大学在学中に関西美術展に入選。この頃より田村孝之介に師事。

1937年 

二科展に『赤い背景の人形』が初入選。

1938年 

全関西美術展全関賞受賞。

1939年 

大学卒業後入隊。

1946年  

中国で7年の兵役を果たし復員。

1947年   

大阪市展市長賞受賞。
ニ紀会創立に参加。以後ニ紀展を主な舞台に作品発表。

1950年 

第4回ニ紀展同人賞受賞。

1952年  

第6回ニ紀展同人優賞受賞。ニ紀会委員に就任。

1956年 

東京に転居。

1957年  

渡欧。パリの下町に1年間滞在。
最初の渡欧以来ほとんど毎年訪欧し、ヨーロッパ庶民の生の姿を主題に表し続ける。

1959年  

日本橋三越、梅田阪急で滞欧作品展開催。

1964年 

アメリカ・メキシコに旅行。

1973年 

銀座・日動サロンで個展開催。

1981年 

石版画集『フランスの四季』『パリ――12ヶ月』を出版。

1986年 

師田村孝之介の死去に伴いニ紀会退会。

1990年

水彩画集『ヨーロッパを描く』(求龍堂)を出版。日動画廊で水彩画展開催。

1991年

銀座松屋で<現代作家デッサンシリーズ――児玉幸雄>展(朝日新聞社主催)開催

1992年 

東京で歿。享年75歳。

代表作に『広告塔のある町』(1970、東京都美術館蔵)、『並ぶ人形』(1973、ひろしま美術館蔵)、『パリーの広場』(1980、文化庁買上げ)など多数。