絵画買取のギャラリーホープ

 

 

熊谷守一

くまがい もりかず

 

 

1880年

岐阜県恵那郡付知村に生まれる。

1897年

上京。

1904年

東京美術学校西洋画選科を卒業。文展に出品。

1909年

第3回展で「蝋燭」が褒状を受けた。

1915年

この年より二科展に出品、翌年二科会会員となる。

1947年

二紀会創立に参加し、会員となる。

1951年

二紀会を退会。

以後は無所属作家として世俗を離れ、自由な制作を楽しんだ。作風は次第に色と形を単純化しつつ独自の様式を確立。1964年にはパリで個展開催。晩年は身辺のものを多く描き、水墨画、書もよくした。代表作は「陽が死んだ日」(1927年 大原美術館蔵)など。

随筆集「へたも絵のうち」(1971年)がある。

1977年

東京で歿。享年97歳。