絵画買取のギャラリーホープ


前田青邨

まえだ せいそん

1885年 1月27日、岐阜県中津川に生まれる。本名、廉造。
1901年 上京、尾崎紅葉の紹介で梶田半古の塾に入る。塾頭の小林古径に兄事し、かたわら国学院大学聴講生として古典文学を学ぶ。
1902年 第12回日本絵画協会日本美術院連合共進会で「金子家忠」が3等賞褒状受賞。
1907年 紅児会に参加。
1912年 第6回文展で「御輿振」(東京国立博物館蔵)が3等賞受賞。
1914年 再興日本美術院第1回展より出品、同人に推挙。
1922年 小林古径と共に日本美術院の派遣により渡欧、西洋美術の古典に感銘を受けると同時に、東洋画の伝統を再認識した。
1929年 第16回院展に出品した「洞窟の頼朝」(大倉集古館蔵)は近代歴史
画の代表作といわれ、翌年第1回朝日文化賞を受賞。
1930年 日本美術院経営者となる。
1934年 帝室技芸院となる。
1935年 帝国美術院会員となる。
1951年
〜59年
東京芸術大学教授。
1955年 文化勲章受賞。
1967年 法隆寺金堂壁画模写事業総監督。
1973年 高松塚古墳壁画模写総監督として尽力。

 

明治期の歴史画から、大正期には1915年朝鮮、1919年中国旅行の取材による風景画を多く制作した。大和絵、琳派の描法を中心とする洗練された技術を備え、武者絵などの歴史画を得意とするほか静物、風景、肖像、絵巻と作域も広く、宏壮豊麗な作風を築いた。横山大観、小林古径亡き後の日本美術院を安田靫彦と中心となって支えた。郷里に中津川市青邨記念館が開設される。