絵画買取のギャラリーホープ

 

マリー・ローランサン

Marie LAUREMCIN

(1885-1956)

 

1885年 

10月パリに生まれる。

1906年

アカデミーアンベールに通い、そこにいたブラックの伝手でバトー・ラヴワール(洗濯船)のピカソらの仲間に加わる。

1913年

第一次世界対戦中はスペインでピカビア、エルンストらタダの仲間の活動に加わる。

1920年

ピンク、ブルー、グレーなどのパステルカラーに似た淡い色調の甘美な女性像で知られる。

1956年

生地パリにて歿。

水彩画、銅版画、石版画も手がける。その他多くの挿絵本でも知られる。