絵画買取のギャラリーホープ

 

アバチ

Mario AVATI

 

1921年 

モナコに生まれる。
ニース・パリの両美術学校で学ぶ。

1949年 

メゾチント技法に開眼する。

1957年 

パリでクリティック(批評家)賞受賞。

1965年 

フローレンスのデッサンアカデミー会員に推挙される。

1967年 

フォード財団の給費を受ける。

1968年

フィレンツェ国際版画展金賞受賞。

1972年 

ライオンズクラブ賞受賞。

1977年 

初来日。

1978年

東京・ギャラリーミキモトにて個展開催。

 長谷川潔を尊敬しているという緻密なカラーメゾチント作家。花、果物、楽器など静物をモチーフに"黒の豪奢"と淡い色調のカラーメゾチントの制作一筋。銅版に条刻を刻むロッカーによるささくれに、感情と技術を移入するという彼の光と影のグラデーションには国際的人気があり、世界中の100以上の美術館にコレクションされている。