絵画買取のギャラリーホープ

 

丸山応挙

まるやま おうきょ

(1733〜1795)

 

1733年
(享保18年)

京都近郊の丹波穴太(あのう)村、現在の京都府亀山市外の農家に生まれる。
初名は、岩次郎、通称は主水(もんど)、字は仲選。

1748年
(延享4年) 

京都に出、町家に仕えながら石田幽汀(1721‐86)に狩野派の画技を学ぶ。

1766年
(明和3年)

それまで一嘯、夏雲、仙嶺などと号していたものを応挙と改め、以後の落款はそれで通している。 眼鏡絵制作に携わって西洋輌の透視図法を習得、円満院(滋賀県)主の祐常法親王(1723‐73)と出会ってその蔵画を臨模する機会を得、中国古画や清朝画の写実技法を学習した。    

1795年
(寛政7年)

63歳で死去。墓は太泰の悟真寺にある。

写生を基本とする再現的な対象描写と、装飾的な画面構成により、平明で清新な画風を確立、当時の人気を一身に受けた。
長沢蘆雪や山口素絢(そけん)など多くの門人を育てて円山派を生み、その伝統は近代の京都画壇にまで及んだ。
円満院・兵庫県大乗寺・香川県金刀比羅宮などに大量の襖絵等がのこされ、≪雨竹風竹図屏風≫(京都市円光寺蔵)・≪雪松図屏風≫(三井文庫蔵)・≪藤棚図屏風≫(根津美術館蔵)などがその遺作として著名である。