絵画買取のギャラリーホープ

 

松本零士

まつもとれいじ

 

漫画家・アニメ作家

1938年 1月25日福岡県久留米市生まれ。
小学生のころから漫画を描き始める。
1954年 漫画少年第一回長編漫画新人王に「蜜蜂の冒険」が選ばれ、デビュー。
1957年 高校卒業後上京し、本格的な漫画家活動に入る。
1971年 貧乏な独身時代を描いた「男おいどん」がヒットし、一層有名になる。
以後、冒険SFの「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」が爆発的な人気を博す。 また、作品のアニメ化を手がけ、特に「宇宙戦艦ヤマト」のテレビアニメはアニメブームの先駆けとなった。
1998年 アニメ映画「銀河鉄道999・・・エターナル・ファンタジー」が公開された。
その他、科学館・パビリオンなどに使用される大型電子映像の開発・実用化実験も進めている。
2001年 11月14日、 紫綬褒章受章。
   
日本漫画家協会特別賞、講談社出版文化賞など受賞多数。 日本漫画家理事協会著作権部部長、日本宇宙少年団理事長、 宇宙開発事業団参与、JEM(日本実験棟委員会)委員長。 大阪府立大型児童館ビッグバン館長(平成11年4月就任)。 社団法人中央青少年団体連絡協議会会長、各務原航空宇宙博物館名誉館長、 焼津ディスカバリーパーク科学館名誉館長などを兼任。
 
代表作は「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「男おいどん」「元祖大四畳半物語」「宇宙海賊キャプテンハーロック」「クィーンエメラルダス」「ザ・コックピット」「火聖旅団ダナサイト999.9」他多数。