絵画買取のギャラリーホープ


守屋多々志

もりやただし

 

1912年 大正元年8月10日、岐阜県大垣市船町の味噌たまり製造元「四代目孫八」の四男として生まれる。本名は正。 生後100日目に守屋貞吉(同市桐ケ崎の米穀商)の養子となる。
1925年 大垣市立中小学校(現:大垣市立興文小学校)を卒業。
1930年 岐阜県立大垣中学校を卒業。上京して前田青邨に師事する。
1931年 昭和6年、東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科に入学。在学中に特待生となる。
1936年 東京美術学校を卒業。卒業制作『白雨』によって川端玉章称を受賞する。
1941年 再興日本美術院第28回展に『継信忠信』が初入選する。
1943年 第30回院展に『陸奥の宿』が入選し、院友に推挙される。この年から雅号を「多々志」とする。
1949年 第34回院展に『ふるさとの家(朝餉・午睡・残照・宵宮)』を出品し、奨励賞(白寿賞)を受賞する。
1954年 経理府留学生としてイタリアに2年間留学。
1958年 第43回院展に『アンジェリコの窓』を出品し、佳作(白寿賞)を受賞する。
1960年 鎌倉端鹿山円覚寺金堂の天井画『白龍』を完成させる。
1967年 法隆寺金堂壁画再現模写が開始され、前田青邨に加わり第十号壁「薬師浄土」を担当する。
1969年 第54回院展に「楊四娘」を出品し、特待に推挙される。
1972年 文化庁より高松塚古墳壁画模写を委嘱され、東壁の女性群像を担当する。(総監督は前田青邨)
1974年 日本美術院同人に推挙される。愛知県立芸術大学日本画科の教授となる。
1976年 飛鳥保存財団の委嘱により、高松塚壁画館に展示するための壁画模写(20面)に総監督として従事、約2年を要して完成させる。
1977年 第62回院展に『駒競べ』を出品し、文部大臣賞を受賞する。
1979年 第63回院展出品作『平家厳島納経』に対して第29回芸術選奨文部大臣賞が贈られる。高野山金剛峯寺別殿の襖絵(8室、82面)を3年かけ完成させる。
1980年 日本美術院評議員となる。
1981年 カトリック教会東京大司教区の依頼によりローマ教皇来日記念として献上する屏風『ジェロニモ天草四郎』を制作、ヴァチカンにてヨハネ・パウロ2世に謁見し、これを献呈する。
1984年 在日ヴァチカン大使館にて聖シルベストロ教皇騎士団勲章の伝達を受ける。
1985年 第70回院展に『愛縛清浄』を出品し、内閣総理大臣賞を受賞する。
1991年 平成3年、神社本庁の依頼により、『平成御大札絵巻』を制作、翌年に完成させる。
1992年 大垣栄誉市民となる。
1994年 岐阜県美術館において「いにしえの夢をたどる─守屋多々志展」(主催:岐阜県美術館ほか)が開催される。モロッコの首都ラバトの王宮ギャラリーとパリのルーヴル美術館新館カールセル・ド・ルーヴルにおいて、『平成御大札絵巻海外特別展』が開催される。
1996年 茨城県近代美術館において「─歴史の旅人─守屋多々志展」(主催:茨城県近代美術館)が開催される。
文化功労者の顕彰を受ける。
2001年 東京ステーションギャラリーにおいて「空海入唐求法1200年 守屋多々志 高野山金剛峯寺障屏画展」主催:財 団法人東日本鉄道文化財団ほか)が開催される。出身地大垣市へ3300点の作品を寄贈・寄託する。7月28日、大垣市守屋多々志美術館が開館する。11月3日、文化勲章を受章する。
2003年 12月22日、心不全のため逝去。91歳。