絵画買取のギャラリーホープ

 

村上華岳

むらかみかがく

(1888年-1939年)

1888年

大阪市で武田誠三とたつの長男として生まれる。本名は震一。

1903年

京都市美術工芸学校に入学。

1907年

同校を卒業、研究生となる。

1908年 第二回文部省美術展覧会(文展)で、『驢馬に夏草』が初入選、三等賞となる。
1909年 京都市立絵画専門学校に入学、同期に土田麦僊、小野竹喬らがいた。
1911年 同校を卒業、研究科に進む。第五回文展に『二月乃頃』が入選、褒賞となる。
1914年 全国美術工芸品博覧会に『夜桜之図』が入選。
1915年 大正天皇の即位式に際し、京都在住の画家による画帖を献上するメンバーに、華岳も、竹内栖凰、土田麦僊らとともに選ばれる。
1916年 第十回文展に『阿弥陀之図』を出品、特選となる。又、横山大観に、日本美術院への参加を勧められるが、固辞する。
1917年 師竹内栖凰の賛同を得て、竹内栖凰、小野竹喬らと国画創作協会(国展)を結成。
1919年 第二回国展に『日高河清姫図』を出品する。
1920年 第三回国展に『裸婦図』を出品する。
1923年 京都を去り、芦屋に転居する。村上華岳作品展覧会を大阪・高島屋で開催する。
1928年 国展は解散するが、会員を中心として新樹社が設立され、華岳は麦僊、竹喬らと共に賛助員となる。
1935年 帝国無監査に推挙されるが、かかわりを持たない。
1939年 持病の喘息の為、死去。未完の『牡丹』が絶筆となる。