絵画買取のギャラリーホープ

 

モーリス・ユトリロ

Maurice UTRILLO

(1833.12.26―1955.11. 5)

 

1883年

パリで生まれる。
母親はルノワール、ドガ、ロートレックのモデルになっているうちに自ら絵筆をとり、頭角をあらわした才色兼備の女流画家シュザンヌ・ヴェランドン。

1891年

私生児だった彼に同情した二流のスペイン人の画家、建築家、美術批判家のミゲル・ユトリロが認知したため、以後、モーリス・ユトリロと名乗るようになる。

1900年

早くから異常な飲酒癖を示し、この年アルコール中毒で入院するようになった。それを治すために医者の薦めに従い、絵を描き始める。もともと画家的雰囲気に育った彼は優れた天性を発揮する。

1909年頃 

ほとんど独学で、画壇からも孤立し、哀愁に満ちたパリの街角など身近な風景画を数多く描いたが『白に時代』といわれるこのころの作品に秀作が多い。

1935年

コレクターの未亡人と結婚し、晩年は裕福な生活を送りながら、絵葉書をもとにパリの風景を描きつづけた。