絵画買取のギャラリーホープ

 

中川一政

なかがわかずまさ

 

1893年 明治26年、東京本郷に生まれる。
21歳のとき最初に描いた作品「酒倉」が岸田劉生に認められ、画家を志すようになった。
油彩だけではなく、岩彩(日本画)書・篆刻・陶芸・装丁などその創作活動は自由奔放で多方面に渡っている。また屈託のない文章で知られる随筆、紀行文など著書も多い。
1961年 昭和36年には歌会始の召人に選ばれ次の召歌を詠進した。
御題「若」
若き日は馬上に過ぎぬ残る世を
楽しまむと言いし伊達の政宗あはれ
1949年 昭和24年、真鶴町にアトリエを構え「福浦」・日本一広いアトリエと自慢する箱根「駒ヶ岳」などの制作に励む。
1960年 昭和35年には福浦を描いた「漁村凱風」が全国知事会より東宮御所に献納された。
1975年 昭和50年、82歳で文化勲章を受章。
1986年 昭和61年、松任市立中川一政記念美術館開館。
1989年 平成元年3月2日、2つ目の美術館となる真鶴町立中川一政美術館が開館する。
1990年 平成2年5月「中川一政美術館1周年記念展」を開催。33点の新作油彩画を発表。
同年、秋、パリ市立カルナヴァレ博物館に於いて「奥村土牛・中川一政二人展」が開かれた。
1991年 平成3年2月5日、死去。享年97歳11ヶ月。
同年5月「中川一政書展」を開催。前年から企画していたもので、この展覧会の図録が画伯自身の手がけた最後のものとなる。
同年9月、真鶴町名誉町民の第1号となった。