絵画買取のギャラリーホープ

 

灘波田龍起

なんばた たつおき

 

1905年

北海道旭川市に生まれる。

1906年

東京に転居。

1923年

関東大震災後の町内の夜警で高村光太郎と知り合い、文学を志向。

1926年

早稲田大学英文科へ進学するが、翌年中退。
光太郎の影響もあり、絵画を志し、太平洋画会研究所に学ぶ。

1928年 

光太郎に川島理一郎を紹介され金曜会に入会。

1929年

第4回国画会展に「木立」が初入選。

1935年 

国画会を川島とともに退会、同志とフォルム展結成。
39年第7回展まで開催された。

1936年 

アバンギャルド芸術家クラブ結成に参加。

1937年

自由美術家協会の創立に参加、翌年会員となる。
このころから、ギリシア芸術への傾倒を示す作品を制作。

1942年

銀座・青樹社画廊で初個展開催
戦後まもなく、直線的な構成による抽象に進み、1956年に開かれた「世界、今日の美術展」で海外のアンフォルメル美術に大きな衝撃を受け、抽象表現主義的作風へと移行。

1959年 

自由美術家協会を退会、以後個展を中心に活動。
オートマチックな線描による律動的な作風を展開、主調色は白から次第に青、朱が中心となる。

1988年

毎日芸術賞受賞
1989年頃より大型和紙を使用した作品に取り組む。戦後一貫して抽象表現を追求した画家であった。

1996年  

文化功労者となる。 

1997年 

肺炎のため死去、享年92歳。