PROFILE  

Barnett NEWMAN

バーネット・ニューマン

ニューマンは1905年1月29日にニューヨーク シティで生まれた。
1948年、ニューマンは、キャンバスに垂直な一本の帯を描いた。その作品はニューマンに、絵画が何か具象的なイメージを表現するものではなく、作品自身が単一の核のようなものでありうると示唆した。後にニューマンはこの作品を、分割不可能な単位、”Onement" と名付ける。その帯の形式は、彼の重要なスタイルとなり、ニューマンはこれをジップ”と呼んだ。
大学時代哲学を専攻したニューマンは、独自の絵画理論を展開し、その作品は当時難解といわれた。しかし、興味深い事に、ニューマンの作品の力強さが評価されるきっかけは、1960年代のミニマル、ポップアートの出現だった。21世紀の現在、ニューマンのカタログ・レゾネの出版がいそがれ、本格的な再評価がなされようとしている。