絵画買取のギャラリーホープ

 

荻須高徳

おぎす たかのり

 

1901年

愛知県中島郡稲沢町(現稲沢市)に生まれる。

1927年

 

東京美術学校西洋画科を卒業後、渡仏。

佐伯祐三のグループに入り、佐伯の影響を受けながらユトリロ風の風景画を制作。1929年以降、サロン・ドートンヌ、サロン・デ・パンダンに毎年出品。

1934年

ジュネーブで最初の個展を開催。

1936年

サロン・ドートンヌ会員に推挙される。

1940年

第2次世界大戦のため帰国、新制作協会会員に迎えられ、第5回展に滞欧作を特別陳列、評価を確立した。

1948年

日本人画家として戦後はじめてフランスへの入国を許可されて再渡仏、以後パリを中心に制作活動を展開。

1953年

ポピュリスト絵画賞受賞。

1954年

毎日美術賞受賞。

1956年

レジオン・ドヌール勲章受賞。

1962年

中日文化賞受賞。

1973年

パリ市より、メダイユ・ド・ヴェルメイユ授与。

1976年

在仏50年記念回顧展開催。(パリ市主催)

1977年

サロン・ナショナル・デ・ボザール会員となる。

1981年

文化功労者となる。

1986年

パリで歿。没後、文化勲章を受賞。

  的確、堅固な構成力と詩情漂う作風により、最後までパリの下町風景を主に描き続けた。