絵画買取のギャラリーホープ

 

 

岡 信孝

おか のぶたか

 

1932年

1月23日、神奈川県川崎市久本に生まれる。

医者であった父の仕事を継ぐ覚悟もあり、陶器をやりたい気持ちもあったが、祖父・川端龍子のすすめで、玉川学園卒業後、1950年青龍社研究所に入り、青龍社展に出品を始める。

1961年

青龍社社人となるまでに奨励賞9回、春展賞5回受賞、龍子にはない色彩感覚とデリケートな感性で社内では異色の才能を発揮。

1965年

名古屋松坂屋で初個展。1966年、龍子死去後青龍社は解散、以後は無所属として個展(高島屋、一哉堂)やグループ展を中心に作品発表。京都や奈良などの古都風景あるいは花鳥と、すべて自然のものとして捉え、線描を抑えて色調を調和し柔らかく爽やかな表現を展開。

1978年

日本秀作美術展、79年現代日本画展(中国)、90年花の万博・日本画美術館出品。

1980年

川崎市文化賞受賞。

1982年

大蓮寺天井絵(川崎市)完成後2年間休筆して仕事を再開、“生きた結果が絵になる”という信念を持ち、ロマンの中にいかに厳しさを掴むかを根幹に据えて制作している。

1984年

高島屋(東京・京都・大阪)で日本経済新聞社主催「岡信孝展」

1991年

銀座松坂屋において朝日新聞社主催「現代作家デッサン・シリーズ−岡信孝展」、

1993年

成川美術館開館5周年記念「岡信孝素描展」、

1994年

高島屋個展(東京・京都・大阪・横浜)開催。

夫人は益子焼の巨匠・浜田庄司の長女。