絵画買取のギャラリーホープ

 

奥田元宋

おくだ げんそう

 

1912年 広島県双三郡八幡村に生まれる。本名、厳三。
日彰館中学時代までは油絵を描いていた。
1931年 中学卒業を機に遠戚に当たる日本画家、児玉希望を頼って上京、内弟子となる。
1933年 一時シナリオライターを志し児玉家をでる。
1935年 再び絵筆を執り、外弟子として希望のもとに通う。
1936年 文展鑑査展に「三人の女性」が初入選。
1938年 第2回文展で「盲女と花」が特選受賞。
1944年 郷里の広島に疎開、文学的な主題の人物画から風景画に転じる。
1949年 第5回日展で「待月」が特選・白寿賞を受賞。
1950年 希望門、深水門、橋村門合流による<日月社>結成に参加(59年日月社常任委員長)。
1962年 第5回新日展では「磐梯」が文部大臣賞受賞、文化庁買上げ。
1963年 「磐梯」日本芸術院賞受賞。
1973年 日本芸術院会員に就任。
1977年 この年より79年まで日展理事長をつとめる。
1981年 文化功労者となる。
1984年 文化勲章受賞。
2003年 2月15日逝去、享年90歳。

風景画初期の明快な色調から、次第に重厚味が加わると共に、心象が色濃く投影されるようになる。自然と自己の内面の照応によって描き出される風景は幽玄な胸中山水にまで昇華、精神性の濃い絵画世界を築き、日本の代表的風景作家としての地歩は揺るぎない。1947年日本橋・高島屋で初個展。1983年渋谷東急で画業を回顧する<奥田元宋展>開催、87年には新作による<幽玄賛歌――奥田元宋展>が日本橋高島屋をはじめ全国各地を巡回、90年日本橋及びなんば高島屋、呉市立美術館で日本経済新聞社主催<風景画三代の系譜――王堂・希望・元宋展>開催。一方、1952年頃から始めた短歌は、67年以来歌人・生方たつゑに師事することにより本格的となり、1981年宮中歌会始の召人に選ばれ、94年京都高島屋<奥田元宋遊心展>で淡彩画に自作の詩を揮毫した作品などを発表、また95年東京都奥多摩町白丸に歌碑完成。現在、京都・銀閣寺障壁画を制作中。