絵画買取のギャラリーホープ

 

奥村土牛

おくむら とぎゅう

 

1889年

2月東京・京橋に生まれる。本名、義三。

1905年

梶田半古の門に入り、塾頭の小林古径に指導を受ける。

1911年

この年から約5年間、逓信省貯金局統計課に勤務し、ポスターなどを描く仕事に従事。

1914年

半古没後、改めて古径に師事。

1917年 

この年より『土牛』の雅号を使用。

1920年

古径の画室に共に住み、以後長い研鑚時代に入る。

1927年  

古径の紹介により速水御舟の研究会で教えを受ける。

1932年  

日本美術院同人に推挙。

1935年

帝国美術学校教授を勤める。

1936年

改組第1回帝展に『鴨』を出品。政府の買上げとなる。

1944年   

塔協美術学校講師を勤める。

1947年

帝国芸術院(現日本芸術院)会員に就任。

1951年

武蔵野美術大学教授を勤める。

1959年 

日本美術院理事となり、第44回院展に戦後の日本画の最高傑作といわれる『鳴門』を発表。

1962年 

文化勲章を受賞。

1978年

日本美術院理事長の任にあり、現代日本画壇の最高峰として最後まで現役で制作を続けた。