絵画買取のギャラリーホープ

 

 

オリビア・デ・ベラーディニス

Olivla De Berardinis

 

1948年カリフォルニア生まれ。

東海岸で育ち、1966年ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アートに入学。

最近、スタジオをロサンゼルスに移す。

オリビア・デ・ベラーディニスは、女性表現に豊かで、あふれる感性をもつ画家である。

彼女の作品は鉛筆、ゴム水彩、パステル、アクリル、油絵、水彩と多彩で、筆以外にエアブラシも使う。

彼女の手法、その大胆さ、その表現性には、ファンタジーとエロスの中に、独自のエレガンスが漂っている。

彼女は人間の本質的エゴと貧欲なリビドを讃美する。そこに彼女の才能と芸術感覚がうかがわれる。

多大な影響力を持ち、世界の各雑誌に掲載され、プレイボーイ誌の常連画家でもある。