絵画買取のギャラリーホープ

 

小野竹喬

おのちっきょう

 

小野竹喬は、1889(明治22)年、岡山県笠岡市に生まれました。14才で京都の竹内栖鳳に入門し、その後京都市立絵画専門学校で日本画を学びました。明治末期から黒猫会、仮面会といった新傾向の美術を求める青年画家たちのグループに参加し、西洋近代絵画の手法を取り入れた斬新な作品を制作するようになり、1918(大正7)年、土田麦僊、村上華岳、榊原紫峰、野長瀬晩花らと共に国画創作協会を結成。そこで仲間たちと革新的な日本画の発表を行いました。1921(大正10)年から翌年にかけて渡欧し、帰国後イタリアのフレスコ画などの影響を受けた明るい画面を展開しますが、その後東洋絵画の伝統的な線描に回帰するような作風に変化し、1928(昭和3年)に国画創作協会が解散してからは帝展に復帰して、南画や大和絵を新たに解釈した穏やかで詩情豊かな風景画で独自の世界を確立しました。1979(昭和54)年、89才で亡くなりましたが、その業績は近現代の日本画を代表する画家として今も輝きつづけています。