絵画買取のギャラリーホープ

 

大河原邦男

おおかわらくにお

 

1947年 12月26日、東京都稲城市に生れる。
1965年 東京造形大学の第一期生として、テキサスデザイン科に入学。
卒業後、アパレルメーカーのオンワード樫山に入社。紳士服などのデザインを手がける。その後、ベビー服のキムラタンに入社。
1972年 同社退職後、方向を転換し、アニメの世界に進むべく、竜の子プロダクションに入社した。デビュー後は「科学忍者隊ガッチャマン」のメカニカルデザインを担当する。以来、メカニックデザイナーの草分けとして、常にアニメ業界の先陣で活躍、シリアス物のメカから「タイムボカン」シリーズのようなコミカルなものまで幅広いデザインで頭角を現す。「破裏拳ポリマー」「宇宙の騎士テッカマン」等を手掛ける。
1976年 中村光毅氏とデザインオフィス メカマンを設立する。多くの作品や玩具のデザインに携わる。
1978年 フリーランスとなる。その後、日本サンライズ作品に参加する。
1979年 「機動戦士ガンダム」でデザインされた“モビルスーツ”は絶大な反響を呼び、アニメ作品という枠を越え、世界のSF映像シーンにまで影響を与えた。
2001年 安彦良和氏のコミック「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」で、リニューアルデザインを手掛け、新たなガンダムブームを巻き起こす。