絵画買取のギャラリーホープ

 

大籔雅孝

おおやぶ まさたか

 

1937年

京城に生まれ、香川県善通寺市で育つ。

1960年

東京芸術大学工芸科図案計画専攻卒業。同年より個展を中心に発表を 始め、これまで東京、名古屋、京都、香川などで個展開催は30数回 を数える。

1961年

安井賞展に出品。

1962年 シェル美術賞展(佳作賞)に出品。
1979年 明日への具象展に出品。
1987年 『愛しき仲間たち−大籔雅孝画集』(京都書院)刊行。
1989年 横の会展(招待)に出品。
1992年・93年 両洋の眼―現代の絵画展に出品。他、日本の肖像展、日本の絵画新世 代展、存在展、4つの単位展等、多数の展覧会に出品。
1993年 日本橋高島屋(各地を巡回)における朝日新聞社主催自選展〈いとしきものたちの世界・大籔雅孝展〉では、屏風、書、篆刻、陶磁器、扁額、木彫などを出品。
1994年 朝日新聞夕刊文化欄「山水鳥話」挿絵(88年8月〜92年3月連載)を中心とする作品展を小川美術館で開催。

硬質・堅固でありながらふくよかなマチエールが特質で、渋い色調の風景や静物に、リアリズムと詩情、素朴さと高雅さを潜ませた画面を創り上げている。油彩から近年は岩絵具にアクリル系の絵具を混合して使用。また絵画のほか彫刻をはじめあらゆる表現分野を手がけている。
東京芸術大学デザイン科教授。