絵画買取のギャラリーホープ

 

大山忠作

おおやま ちゅうさく

  

1922年

5月5日福島県二本松に生まれる。 家業は紺屋で父も趣味で日本画を描いていたという環境で、自然に画家を志すようになる。

1937年

小学校卒業後上京、名教中学2年に編入。

1940年

東京美術学校日本画科入学。

1943年

学徒出陣のため繰上げ卒業。

1946年

復員、第2回日展に「O先生」が初入選。

1947年

山口蓬春に師事。

1952年

第8回日展で「池畔に立つ」が特選・白寿賞・朝倉賞を受賞。

1955年

第11回日展で「海浜」が特選・白寿賞を受賞。

1967〜68年

法隆寺金堂壁画再現模写に従事。

1968年

第11回新日展で「岡潔先生像」(福島県教育委員会蔵)が文部大臣賞を受賞。

1970年

銀座松屋で<“旅”のスケッチ展>

1973年

「五百羅漢」(日本芸術院蔵)により日本芸術院賞を受賞。

1977年

銀座松屋で日本経済新聞社主催<大山忠作−今日と明日>展

1980年

成田山新勝寺光輪閣襖絵の完成記念展は東京、仙台、札幌に続き、パリ・マルモッタン美術館で開催。

1981年

銀座松屋で<大山忠作・日月春秋>展

1986年

日本芸術院会員となる。

1991年

日展事務局長を務める。

1992〜95年

日展理事長を務める。

1992年

日本橋三越において興教大師850年御遠忌・成田山聖徳太子堂落慶記念<大山忠作壁画展>開催。

1993年

銀座松屋で朝日新聞社主催、<現代デッサン・シリーズ−大山忠作>展開催。 日本橋・なんば・横浜高島屋及び仙台三越で画業50年記念展(朝日新聞社他主催)開催。

1994年

初の書作展(銀座和光ホール)を開催。

1999年

文化功労賞受賞。

描写技術の高さは定評があり、描きたいものを描くという姿勢から、人物画、宗教的作品、花鳥、風景と題材も多岐にわたり、それぞれに一定の水準を保って画家としてのスケールの大きさとさらなる可能性を示す。又、鯉を得意とし、美術市場での人気は高い。代表的な仕事のひとつに成田山新勝寺光輪閣襖絵(1980・84・92年)が挙げられる。作品集に「大山忠作画集」(1982年・講談社)、「大山忠作画集」(1994年・朝日新聞社)がある。