絵画買取のギャラリーホープ

 

小山 硬

おやま かたし

 

1934年

11月2日、熊本県宇土市に生まれ、2才のとき満州に移る。

1946年

小学5年で新京から引き揚げ、中学時代は山形県 酒田市で過ごし、高校から東京。市ヶ谷高校時代は油絵を描いていたが東京芸術大学日本画科に入る。

1961年

京芸術芸術大学卒業。この年、前田青邨に師事し、青邨最後の弟子となる。第46回院展に「潮(二人)」が初入選。以後、院展に出品。

1963年

専攻科修了。

1968年

愛知県立大学日本画科助手となる。(79年助教授、81年から教授。)

1970年

奨励賞、春季展賞受賞。

1971年

第56回院展で「天草(礼拝)」が大観賞受賞。

1972年

奨励賞(73年、74年、78年も、同賞受賞)受賞。春季展賞受賞。

1973年

第2回山種美術館賞展で「天草(納戸)」が優秀賞を受賞。

1978年

第63回院展で「洗礼」が大観賞受賞。

1977年

文化庁海外派遣研修員としてヨーロッパ留学。

1979年

春季展賞、奨励賞受賞。この年、日本美術院同人となる。

1981年

第66回院展では「想」で文部大臣賞受賞。

1988年

第73回院展で「嘉峪関幻想」が総理大臣賞を受ける。
日本経済新聞社主催〈現代日本画の俊英―小山硬展〉開催。(東京、大阪、名古屋)。

1994年

日本橋及び大阪高島屋で、第2回個展開催。

初期は青木繁「海の幸」への傾倒から、漁民の生活風景を描出した "潮シリーズ"を展開、1967年からキリシタンの伝統と信仰の姿を描く"天草シリーズ"が始まり、85年日中芸術家代表団の一員として訪中したのを契機に、新たに中国をテーマとした作品も発表。 一方この数年、富士にも挑み、墨を主体とし描線を利かせた簡潔な表現をしている。