絵画買取のギャラリーホープ

  

アイズピリ

Paul Aizpiri

 

1919年

パリで生まれる。ブール象眼学校に入学後、絵画を志し、パリ美術学校に転校、サバテの指導を受ける。

1939年

徴兵され、第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜となったが脱走。

1945年

フランス解放後「青年絵画展」(サロン・ド・ジューヌ・パンテュール)の創立会員となる。

1946年

青年絵画展で三等賞受賞。

1951年

プリ・ナショナル賞受賞。

1954年

ぺトリデス、ロマネ各画廊にて個展開催。

他に、ニューヨーク(62年)、東京(65年)、ジュネーブ(66年)、アヴィニヨン(67年)などで個展。

1963年

国際形象展出品。以降、毎年出品を続ける。

1971年

トゥールで、ジュマイ賞受賞。

1980年

一年間にわたって、ナント、アンジュール、セーユ、ボルドーにてフランスの風景展。

パリ画壇の具象系派ポピュラー作家の一人。パリを中心に、欧州、米国、日本などで個展を開催。

作品は、ルーマン美術館、アルビ美術館、キャストゥル美術館、ヒアレン美術館などに収蔵されている。

軽快なタッチと、鮮やかな色彩を好み、静物、風景、人物などのリトグラフで親しまれている。