絵画買取のギャラリーホープ

 

エリュー

Paul Cesar HELLEU

 

1859年

12月17日、フランス・ヴァンスに生まれる。
ジェローム画塾に学ぶ。

1927年 

5月23日、パリに死す。

・フランス芸術院会員(1897年)
・国際彫刻家画家版画家連盟名誉会員(ロンドン)
・レジォン・ド・ヌール勲章受賞(1904年)

 エリューは世紀末の高尚を優雅に表現する画家として知られている。特に、洗練されたドライポイントによって、国際的名声を得た。また同時に人物としても当代一流の人であり、多くの芸術家や文人との交際で有名である。ことに、プルーストとの親交はつとに有名であり、プルーストの著作『失われた時を求めて』に出てくる画家エルスターのモデルとなったとも言われている。
 エリューは、この友人の死に際し、プルースト本人の依頼によって彼のデスマスクを制作しているが、その作品は、ドライポイントの傑作として今日も残っている。
 黒、白、グレー、やわらかなブルーで現される透き通った肌に美しい瞳の婦人たちは、1900年代の『古き良き時代』の重要な証人であり、彼の作品の中に最高のエレガンスをもって映し出されている。