絵画買取のギャラリーホープ

 

ピエール・ドートルロー

Pierre DOUTRELEAU

 

1938年

アルルに生まれる。

1956年 

アルルにて初の展覧会開催。
以来、世界各国で個展を開催。意欲的に活動を続けている。

■作風■

彼は、ムーブマンによる視覚の変形をもとに自分の言語を築き上げる。点は線に、線は面になり、そして色彩は変形する――この完全主義者のリトグラフ作家の作品は、ムーブマンの表現のテクニックと20色以上の色彩の刷り重ねで、作品全体に素晴らしい調和を生みだしている。
作品は、シンガポール近代美術館、アビジャン市庁舎、ラ・ボール市庁舎、ポール・バレリー美術館などに収蔵されている。