絵画買取のギャラリーホープ

 

レイモン・ペイネ

Reymond PEYNET

 

1908年

パリに生まれる。

1922年

パリの産業装飾美術学校を卒業、広告デザインの道を志す。

1942年

ヴラマンクの野外音楽堂(キオスク)を見たとき"ペイネの恋人達"が生まれる。雑誌リック・エ・ラックに掲載。

1953年

国際漫画祭でグランプリ賞を獲得。

1958年

ブリュッセル万国博に、ペイネ人形、絵はがきなどが展示される。

1970年

国際オスカー賞受賞。

1974年

長編アニメ映画"ペイネの愛と世界旅行"を自作する。

1980年

「黄道十二宮」12枚エッチングとアクアチント制作。

1981年

カロ(フランス)の壁画制作。(長さ40m×8m)

1985年

ペイネのデザインで聖バレンタインの記念切手発行。(フランス)

1986年

レイモン・ペイネ美術館(軽井沢・日本)オープン。ペイネ夫妻がオープン記念に来日。

1988年

レイモン・ペイネ美術館(アンティーブ・フランス)オープン。

1992年 

東京・日本橋三越本店にて個展を開催。秋篠宮妃殿下も訪れた。

1999年

カンヌ近郊の病院で死去。

 南仏アンティーブにて創作活動を続け、パリ市金賞、ブリュッセル金賞、ケルン・サントモ・ローマ市賞など数多くの賞を受賞。
 絵画、版画、文芸作品の挿絵、芝居やバレエの舞台装置、陶芸品などの様々な分野で活躍し、パリの人々に愛された。イギリス女王訪仏の際、パリ市民がアン女王に贈呈した12体の人形はペイネのデザインによるものである。