絵画買取のギャラリーホープ

佐伯祐三

さえきゆうぞう

1898年 4月28日、大阪府中津村の光徳寺に生まれる。父は十三代目の住職で祐哲、母はタキ、四男三女の次男。兄は祐正。
1911年 中津尋常高等小学校尋常科を卒業、中学受験に失敗して高等科へ進学。
1912年 大阪府立北野中学校に入学。同級生に後に兵庫県知事を務める阪本勝がいた。
1915年 北野中学校4年生の頃から油絵を描き始め、大阪府梅田にあった赤松麟作が指導する画塾に通う。
1917年 北野中学校を卒業。この年は東京美術学校の受験をあきらめ、9月、上京して川端画学学校洋画部に入り、藤島武二の指導を受ける。ここで生涯親交の続いた山田新一を知る。
1918年 東京美術学校西洋画科予備科に入学。9月、本科一年に進級。
1920年 9月、父祐哲死去(58歳)。父は死を前にして、当時祐三と恋愛関係にあった池田米子との結婚を許した。秋に東京・築地本願寺で米子と挙式(結婚届は大正11年1月26日)。東京府下落合にアトリエを新築して住む。
1921年 3月、弟祐明が肺結核の為死去(20歳)佐伯もこの頃から喀血していたとも言われる。病気の為、美術学校を三ヶ月休学。
1922年 2月21日、長女弥智子生まれる。丘続きに澄む中村(なかむら)彝(つね)の結核に病む晩年を見つめていた。
1923年 3月、東京美術学校西洋画科を卒業。同級生7人と薔薇門社を結成し、五月第一回展を開く。11月下旬、米子、弥智子を伴い神戸港より渡欧。
1924年 1月上旬、パリに到着。3月、郊外のクラマールに住み、アカデミー・ド・ラ・グランド・ショーミエールの自由科に通う。夏、オーヴェール・シュル・オワーズにヴラマンクを訪ねるが、「アカデミスム!」という怒号を受ける。秋、オーヴェール、ヴァルモンドワ、ネル・ラ・ヴァレなどを写生旅行。11月、パリ市内のリュ・デュ・シャトー13番のアトリエに引っ越す。
1925年 7月、ロンドンのセツルメントを視察する目的で兄祐正がパリに立ち寄り、母からの要請で帰国を促す。10月、サロン・ドートンヌに『コルドヌリ』、『煉瓦屋』が入選。
1926年 1月、兄とイタリアを旅行し、3月帰国。下落合にアトリエに戻る。5月、里見勝蔵ら5人で「1930年協会」を結成し、第1回展を開く。12月、兄祐正、小久保千代子と結婚。
1927年 第八回中央美術展などに出品、4月、東京新宿の紀伊国屋書店で個展を開く。第2次渡欧を計画し、20号を200円で30点売却し、渡欧資金を作る計画を立てる。8月、シベリア経由で渡欧し、9月上旬、パリ到着。10月、ブールヴァール・デュ・モンパルナス162番の新築のアトリエに落ちつく。11月、サロン・ドートンヌ25年記念展(審査委員長キスリング)に『新聞屋』と『広告のある家』を出品し入選。前後して、ポール・ロワイヤル周辺での『カフェ・レストラン』の連作が始まる。
1928年 2月、荻須高徳らとヴェリエ・シュル・モランとサン・ジェルマン・シュル・モランに写生旅行し、二十数日漢滞在。再び造形への疑問が高まる。3月、小雨の中での写生がもとで風邪を悪化させ、病床に伏す。『郵便配達夫』『ロシアの少女』を制作後、喀血。肺結核の進行に神経衰弱も加わり、6月、失踪事件を起こし、23日、郊外のヌイイ・シュル・マルヌにあるセーヌ県立エブラール精神病院に入院。弥智子も結核が感染して悪化する。8月16日午前11時30分、同病院で死去。ベール・ラシェーズに埋葬。同30日、弥智子も死去(6歳)。10月、米子は二人の遺骨を持って帰国。