絵画買取のギャラリーホープ

 斎藤カオル

さいとう かおる

1931年

神奈川県葉山町に生まれる。戸籍名「芳」。鶴田吾郎、荒井龍男に師事。

1948年

藤田嗣治、鶴田吾郎主宰の「アカデミー46美術研究所」で裸婦デッサンを習得。

1949年

東京都美術館で開催の第12回自由美術家協会展に作品「自画像」が最年少18才で入選

1953〜55年

横須賀市立大楠中学校美術科教師をする。

1968年

メゾチント銅版画の中興の祖、長谷川潔に私淑して銅版画による具象絵画の制作を始める。第8回毎日新聞社主催現代日本美術展に「羊のいる海」が入選。

1970年

第1回版画グランプリ展入選。

1971年

第2回版画グランプリ展入選。第48回春陽展に銅版画3点が初入選。

1972年

第49回春陽展、春陽会賞など多くの賞を受賞。

1974年

春陽会会員に推挙される。

1976年

葉山にアトリエを新築、鎌倉より転移。

1978年

版画専門誌「版画芸術」が作品総目録を特集、西武百貨店で全作品を展示。記念画集を発刊する。

1980年

朝日新聞社日曜版表紙「おんなシリーズ」にカラーメゾチント版画「櫛」が掲載される。

1992年

「源氏物語五十四帖」を10年の期間で、オリジナル銅版画集に纒める西武百貨店の申し出を受ける。第1巻を制作、記念展開催。(以後毎年刊行を続け、1991年全10巻完結)

1984年

ニューヨーク(ヴォーパルギャラリー)、ワシントンDC,ピッツバーグ、トロント、エリー、マイアミ、タンパ、サンフランシスコで個展開催、ニューヨーク屈指の大画廊ヴォーパルギャラリーで個展が開催されたのは、日本人ではカラーメゾチントの巨匠・浜口陽三に次いで2人目である。

1985年

大英博物館主催現代日本版画展に出品、「紅幻想−揚羽蝶」(出品作)が同展のポスター、絵葉書に選ばれる。

1986年

横浜市立市民ギャラリーで「紅幻想シリーズ」を含む婦人像を主に作品展を開催。J.スゾーク版画出版社(ニューヨーク)との契約で渡米、同出版社ギャラリーで個展開催。

1987年

ニューヨーク、ビバリーヒルズで個展開催。カーネギーメロン大学(ピッツバーグ)で作品展とセミナーを開催。学生、市民に銅版画の講義をする。

1988年

フィラデルフィア(ギルバート・ルーバーギャラリー)で個展開催。画集「源氏物語」(第1巻〜第5巻)展開催。

1990年

バンクーバー(ハリントンギャラリー)、シアトル(アズマギャラリー)で個展開催。

1993年

葉山町立しおさい博物館で、「源氏物語」(第6巻〜第10巻)展を開催。

1994年

日本風景の制作を開始。10月、富山県宇奈月温泉で、第1回「カオル会」を開催。

1995年

社団法人春陽会理事長に選出される。

国内はもとよりアメリカ、オーストラリアなどの各地域の美術館など展示や版画セミナーを精力的に行い、大英博物館における日本画展にも出品した。

 

<主な収蔵先>

・大英博物館(イギリス)・シカゴ美術館(アメリカ)・ポーランド美術館(アメリカ) ・ハワイ・ホノルル美術館(アメリカ)・ニューサウスウェールズ美術館(オーストラリア) ・カーネギー・メロン大学(アメリカ)・ソウル美術館(韓国)・横浜市民ギャラリー・愛知県立美術館・徳島県立近代美術館・大分県立芸術開館・葉山しおさい町立博物館