絵画買取のギャラリーホープ

斎藤 清

さいとう きよし

1907年

福島県河沼郡会津坂下町に生まれる。

1929年  

郷里の成田玉泉にデッサンや油絵を習う。

1930年 

24歳で上京。商店広告の仕事に従事するかたわら絵を学ぶ。

1932年

白日展に油絵が初入選。

1935年 

国展に油絵が初入選。

1936年  

日本版画協会展に初入選。

1938年

この年より43年まで造形版画協会展に出品。

1939年  

二科展入選。

1943年  

恩地孝四郎と知りあい、一木会に入会。

1944年

日本版画協会会員となる。

1949年

国画会会員となる。
日版協展、国展のほか、日本国際美術展、現代日本美術展等に出品。

1948年  

アメリカ巡回サロン・ド・プランタン展で1等賞を受賞。

1951年 

サンパウロ・ビエンナーレ展で受賞。
日本橋三越で初の版画個展を開く。
以後ほぼ毎年三越で「斎藤清創作版画展」を開催。その他国内外での個展多数、版画のほか、水墨画個展も多数開催している。

1956年

米国務省ほかの招待で渡米、実技指導、展示会を行い、リトグラフ、コラグラフを学ぶ。

1957年  

リュブリアナ国際版画ビエンナーレで受賞。アジア・アフリカ国際版画展で受賞。
国際的に高い評価を受けるとともに、日本の現代版画界での地位を築く。

1964年

ホノルルで版画個展開催。

1972年

サンフランシスコで「斎藤清の世界展」開催。

1983年 

翌年にわたり回顧展(全国各地を巡回)を開催。

1986年

鎌倉から故郷会津に移る。

1992年  

福島県立美術館で「斎藤清――会津の冬」展開催。

1994年

新宿・小田急美術館で米寿記念展。東京ステーションギャラリーにおいて回顧展開催。

1997年

肺炎のため会津若松市の病院で死去。享年90歳。

芸術は、一切いらぬことをせず、不要のものを省き去って急所を把握することにあると主張、伝統木版に現代感覚を注入した版画作品,微妙な墨色を生かした墨画により、日本の心を描き尽くしている。やさしさと強固な意志をもって独自の道を歩んだ、現代木版画の巨匠の一人。1980年福島県立美術館に自作木版画、コラグラフなど約300点を寄贈、95年文化功労者となる。そのほかシンシナティ美術館、サンフランシスコ美術館、グレーター・ヴィクトリア美術館などに作品収蔵。