絵画買取のギャラリーホープ

 

里見勝蔵

さとみ かつぞう

 

1895年

京都市に生まれる。

1913年

関西美術院で鹿子木孟郎に師事。

1917年

ニ科展に「職工」が初入選。

1919年 

東京美術学校西洋画科卒業。

1921年 

渡仏。ヴラマンクに師事。大きな影響を受けると共にフォーヴィスムを体得。

1925年

帰国。第12回ニ科展に滞欧作を発表し樗牛賞を受賞。

1926年

〈1930年協会〉の結成に参加。一時、キュビスム風の描写を試みた。

1927年 

第14回ニ科展でニ科賞を受賞。

1930年  

二科会会員となるが、脱会。
独立美術協会の創立に参加。

1937年

独立美術協会を退会。しばらく無所属を続ける。

1954年

国画会会員に迎えられる。
滞欧(〜58年)

1981年

神奈川県鎌倉市にて歿。享年85歳。

 
最後まで、鮮烈な色彩、奔放な筆触により、写実的なフォルムに生命の躍動を表現、代表的なフォーヴィスムの作家として知られる。代表作は「女」(1927)など。