絵画買取のギャラリーホープ

 

下田義寛

しもだ ぎかん

 

1940年

3月富山県に生まれる。

1963年

東京芸術大学卒業。院展に出品。

1965年

同大学院終了。

1967年

安田靫彦の助手として法隆寺壁画再現模写に従事。
第52回展で奨励賞・白寿賞を得る。

1971年

『仔馬と少年』により第1回山種美術館賞を受ける。この頃から日本画壇の明日を担うホープとして際立った活躍をする。

1978年

日本美術院同人に推挙。

1979年

第64回院展で『風渡る』『風舞う』により文部大臣賞受賞。

1983年

第68回院展で『山彦』『海鳴』が総理大臣賞を受賞。

1987年

モチーフの一部として描いた鳥などが、他人の写真を無断借用していたと問題になり、東京芸術大学助教授を辞任、日本美術院へも同人・評議員への辞任届を提出(理事会預かり)。
以来、一切の作品の発表を控える。

1989年

2年ぶりに第74回院展に『柿田川』を出品。再起第1作として注目を集める。

1992年

新作個展を日本橋高島屋で開催。(京都高島屋、名古屋松坂屋、大阪高島屋を巡回)

1995年

4月より倉敷芸科学大学芸術学部教授。