絵画買取のギャラリーホープ


菅井汲

すがい くみ

1937〜1945年 阪急電鉄宣伝課で商業デザインに携わる。
1947〜1948年 日本画家・中村貞以に学ぶ。
1954年 藤田嗣治と二人展
1957年 個展(パリ、ニューヨーク)
1959年 リュブリアナ国版ビ買上賞
1960年 東京国版ビ東京近美賞
1961年 グレンヘン色彩版画トリエンナーレ大賞
毎日日本国際美術展優秀賞
リュブリアナ国版ビ第三席
1962年 ベネチア・ビエンナーレ展基金賞
1965年 サンパウロ・ビエンナーレ展最優秀賞
1966年 クラコウ国版ビ大賞
日本芸術選奨受賞
1969年 日本初個展
1965〜1972年 北欧、欧米各地で個展
1972年 ノルウェー国版ビ名誉賞
1976年 菅井汲全国展
1980年 菅井汲新作版画全国展

 

国際的評価の高い画家。無署名のマルチプルという菅井の版画に対する姿勢は明快で、彼の絵画のスピード感や合理性、大衆性に通じる。シルテマティックな抽象造形と日本美学の接点を追求している。