絵画買取のギャラリーホープ

杉山 寧

すぎやま やすし

1909年

東京都浅草区に生まれる。父が早く亡くなったため、母親に育てられる。

1931年

第12回帝展に「水辺」を初出品して入選。

1932年

第13回帝展で「磯」が特選。

1933年

東京美術学校日本画科卒業。
松岡映丘に師事。

1934年 

映丘門下の有志と研究会〈瑠爽画社〉を結成。(38年解散)

1951年

戦後初めての大作「エウロペ」を第7回日展に発表。鋭く緻密な描写、理知的な構図、新鮮な色調による画風で日本画壇に清風を吹き込んだ。

1957年

「孔雀」により日本芸術院賞受賞。

1970年

日本芸術院会員に就任。

1974年 

文化勲章受賞。文化功労者となる。

1982年  

日本芸術院第一部長に就任。
風景、人物、花鳥、とモチーフを特定することもなく、1957年から62年頃までは絵肌を重視した抽象傾向の作品を描き、後にエジプト、ギリシア、エトルリアに取材、のちトルコのカッパドキアを度々訪れた。実在するもの以上の生命感を、完全な絵画として表現した現代日本画界の代表的作家。

1993年

東京都文京区にて歿。享年84歳。

展覧会ほか

1987年 

回顧展(東京国立近代美術館・富山県立近代美術館)

1992年 

〈杉山寧の世界――1932作品と素描1992――〉(東京美術倶楽部展示ホール)
1956年より30年間にわたって『文藝春秋』表紙絵担当。代表作は、ほかに「瀑」(1955、国立劇場蔵)、「仮象」(1959、朝日新聞社蔵)、「穹」(1964、東京国立近代美術館蔵)、「生」(1971)作品集

画 集

『杉山寧』(文藝春秋)
『杉山寧素描集』(文藝春秋)
『杉山寧素描聚成』(小学館)
随想集『画作の余白に』(美術年鑑社)