絵画買取のギャラリーホープ

 

 

ピラル・テル

Pilar Tell

 

 

1950年 フランスに程近い、スペインのヴィラ・サクラという小村に妹として生を受ける。彼女の父は農業 を営んでおり、テルの家族は溢れる自然の中で暮らしていた。
1968年 バルセロナにある聖ジョルディ高校で美術の勉強をするためにバルセロナに引越し、その 高校で彼女は偉大な芸術家でもあるフランシスコ・ボッシュと出会い、1971年には彼と結婚す る。年にはアリシアという名の女児を得る。
1980年 アルノーという男児をもうけると、テ ル一家はバルセロナの環境のよい村に転居する。
1974年 リヴェラで開かれた、゛ナヴァレット・エル・ムンド゛というコンテストに参加。
1992年 日本で展示会を行う。(神戸・名古屋・前橋)
個展、展示会多数。
テ ルは旅行、芸術鑑賞、読書に映画鑑賞、浜辺の散歩、また友人知人によって描かた絵画を収集す るのを趣味としている。テル夫妻はすでに24年以上も一緒に仕事をしつづけているが、それが彼 らの個性に影響しているといったことは一切ない。彼らはそれぞれ独自のスタイルと技法を持って いる。