絵画買取のギャラリーホープ

 

上村淳之

うえむら あつし

 

 

1933年

4月12日、上村信太郎(松篁)・たねの長男として 京都市中京区間之町竹屋町上ルに生まれる。本名は淳。父・松篁、祖母・松園とも日本画家。

1953年

京都市立美術大学(現在の京都市立芸術大学)日本画科に入学。この年、祖母・松園の没後空家になっていた奈良県平城の唳禽荘に移り住む。

1956年

新制作協会日本画部春季展に「葉陰」「刈田」を出品、初入選する。新制作協会第20回展に「水」を出品、初入選する。

1957年

京都市立美術大学日本画科を卒業、専攻科に進学する。卒業制作は「鴨A」「鴨B」,美大作品展に出品して第一席(学校買い上げ)となる。

1959年

京都市立美術大学専攻科を修了する。 第6回朝日新人展に「沼」を招待出品する。

1961年

京都市立美術大学助手となる。

1966年

京都府日本画総合展に「熱国月明」を出品、京都府買い上げとなる。

1968年 

新制作協会第32回展に「緋縅綬鶏」「火鶏」を出品、新作家賞を受賞、新制作協会会友となる。

1972年

京都市立芸術大学助教授となる。この年から雅号を「淳之」とする。

1980年

一年間にわたって、ナント、アンジュール、セーユ、ボルドーにてフランスの風景展を開く。

1978年

第5回創画展に「晨T」「晨U」(双幅)を出品、創画会賞を受賞し、文化庁買い上げとなる。

1980年

第7回創画展に「雁(月明)」「雁(雪中)」を出品、創画会賞を受賞する。

1981年

上村淳之展が京都府立文化芸術会館で開催される。創画会会員となる。

1984年

京都市立芸術大学教授となる。

1992年

「上村淳之展−四季の譜・鳥に遊ぶ−」が新宿・伊勢丹で開催される。京都府文化功労者となる。

1993年

上村松篁・淳之自選展がパリ三越エトワールで開催される。

1994年

松伯美術館が開館、館長となる。

1995年

第51回日本芸術院賞を受賞。大賞作品「雁金」(創画展出品作品)