絵画買取のギャラリーホープ

上村松篁

うえむら しょうこう

明治35年 日本画家上村松園の子として京都市中京区四条御幸町西入ルに出生。本名信太郎。
大正 4年 京都市立美術工業学校絵画科に入学する。
大正10年 京都市立絵画専門学校に入学するとともに、西山翠嶂に師事、青甲社に入塾する。第三回帝展に「閑庭迎秋」をはじめて出品、初入選する。
昭和 5年 京都市立美術工芸学校の属託教員となる。
昭和 8年 帝展推薦なり、無鑑査となる。
昭和11年 母校京都市立絵画専門学校の助教授となる。
昭和12年 第一回新文展に「母子の羊」を無鑑査出品。
昭和22年 第三回日展の審査委員に選ばれる。
昭和23年 京都の奥村厚一、秋野不矩、東京の山本丘人、福田豊四郎、
吉岡堅二らと日本画の在野団体として創造美術を結成する。
昭和24年 京都市立美術専門学校の教授となる。母・松園没。
昭和26年 創造美術は洋画と彫刻の新制作派協会と合併、新制作協会日本画部となる。
昭和28年 京都市立美術大学教授となる。
昭和34年 「星五位」(昭和33年)に対して芸術選奨文部大臣賞が授与される。
昭和36年 宮内庁吹上御所に御用画「雉子」を描く。
昭和42年 「樹下幽禽」(昭和41年)に対して日本芸術院賞が授与される。
昭和43年 京都市立美術大学を定年退官し、名誉教授となる。
昭和48年 勲三等端宝章を受章。
昭和49年 新制作協会日本画部は新制作協会を離脱、新たに創画会を結成する。
昭和51年 山種美術館で「雪月花?日本画の抒情展」が開催され「白孔雀」(昭和48年)が出品される。
昭和56年 日本芸術院会員となる。
昭和58年 文化功労者として顕彰される。
昭和59年 文化勲章を授章する。京都市名誉市民となる。
平成 1年 「美の流れ三代、上村松園・松篁・淳之展」(読売新聞社主催)が日本橋・高島屋で開催される。
平成 3年 東京・日本橋三越で「米寿記念上村松篁展」(朝日新聞社主催)が開催される。
平成 5年 「風と鳥 上村松篁・淳之展」がパリで開催される。
平成13年 逝去。享年98歳。