絵画買取のギャラリーホープ


ウィリアム デシャゾー

William Deshazo

 


1934年  ニューメキシコに生まれる。

7歳の時にスケッチ、12歳で絵を描き始める。

20歳半ばで、オールド・ワールドの大家たちのグレイジング(光沢を出す上塗り)の技術に魅了され、研究した結果、独自の技術を開発。作品は最後に細かい点を描き入れる前に13層の上塗りをし、透明なオイルを用いる。

ウィリアム・デシャゾーの作品は数々のメジャーマガジンに掲載され、アメリカはもちろん、イギリス、ヨーロッパ、日本、中東など大勢の有名人や上流階級の人々をコレクターに持つ。プライベート・コレクションは世界中に及んでいる。

『すばらしい一瞬の風景を切り抜いた』まるでそんなイメージがあるウィリアム・デシャゾーの作品。彼は目に見える色彩以外に、隠れた自然の色をも再現する。それが写真を超えたアートとなり、人々の心をつかんではなさないのである。