絵画買取のギャラリーホープ

 

 

山下清

やました きよし

 

1922年

大正11年3月10日、東京浅草に生まれる。
12才で八幡学園に入学。貼絵の手ほどきを受け、その特異な才能が発見される。

1936年

文藝春秋に作品が発表される。

1940年

突然八幡学園から失踪。15年にわたる放浪生活を始める。その旅で印象づけられた風景を貼絵にし、画家や文学者から絶賛される数々の傑作を制作。

1956年

放浪生活に終止符。以後数年間全国各地で作品展開催。観客動員数800万人という大記録を達成。

1961年

ヨーロッパ一周スケッチ旅行にでかけ、40余日間で数十ヶ国を廻る。
帰国後、50点以上の素描・水彩画をまとめ、全国巡回展を開催。大反響を呼ぶ。自分のペースで仕上げた貼絵は全4作品。1年に1作品という割合で、ヨーロッパの美しい風景を作り上げた。

1971年

7月21日歿。享年49歳

 日本のゴッホ、放浪の天才画家など、数多くの異名のもとに一世を風靡した山下清。数々の『貼絵』作品においては、単に根気と努力では片付けられない『美』の再現するたぐいまれなる『天性』を感じさせる。
 人々の心を素直に感動させる山下清の作品こそ、私達が日常生活の中で忘れかけている心の潤いを呼び覚ましてくれるものであろう。