絵画買取のギャラリーホープ

 

 

イヴ・クライン

Yves Klein

 

 

1928年

フランスのニースに生まれる。

1944年

この年から2年間、国立商船学校と東洋語学学校で学ぶ。この間柔道にも通い、アルマン、クロード・パスカルと交友を結ぶ。

1952年

来日し、講道館で柔道の四段位を取得する。帰国後マドリードで柔道教師。

1955年

フランスに帰り、単色の絵画を制作し始める。サロン・デ・レアリテ・ヌーヴェルにオレンジ色のモノクローム絵画を出品。

1957年

青の時代に入り、芸術を非物質化することを表明する。彼の使用する青を自ら「インターナショナル・クライン・ブルー」と命名し、宇宙的感性が物質化された色彩として彼は使用する。

1958年

ル・ヴィド(空虚)展。

1959年

青のスポンジ・レリーフ。

1960年

ヌーボー・レアリスムのグループに創立者として加わり、「女拓」のシリーズを始める。

1961年

火の絵画、火の彫刻。

1962年

結婚5ヶ月後、34才で心臓麻痺によりパリで死去。